節約*キッチン
食の資格T


ちょっと前だったら食の資格といえば、栄養士さんや調理師さんくらいしか浮かばなかったときがありました。
今ではたくさんの資格がでてきて、「え〜?そんなのも??」って言うのもあります。


資格をとる理由で、

仕事のスキルアップに役立てたい、
さらなる勉強をしたい、
もっと○○について知りたい、
その分野で仕事をしたい、

いろいろ理由があると思います。


ぴーこも仕事のスキルアップに役立てたくて、勉強をしたことがあります。
(フードコーディネーターの勉強をはじめたのもその理由です)


いろいろな資格試験をちょっと書き連ねてみました。
ご興味のある方は勉強してみるのもいいかもしれませんね。


今ではごく普通の主婦の方も勉強しているそうです。
理由は「おうちでの食の安全やお料理に役立てたいから」なんだとか。
ぴーこも見習わなくちゃいけませんね!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フードコーディネーター
NPO法人 日本フードコーディネーター協会
資格
1級(現在は開設されていません。準備中とも言われています)
2級(レストランプロデュース、商品開発、イベントメディア)
3級(初級)

2級からプロの登竜門と言われています。

定義
フードコーディネーターと言われると、スタイリングや雑誌のお仕事をしている人と間違われやすいのですが、定義は幅広く設定されています。

食にかかわる分野の専門化を連携させ、活用し、フードビジネスとして立派になりたたせ、食文化を深め、高めていく職務。


取得まで
3級を取得しなければ2級にすすめません。3級でしたら独学でもじゅうぶんですが、2級など専門分野に進む為、ある程度の知識が求められます。とくにレストランプロデュース分野では店舗での経験(アルバイトを含む)があると試験に役立つと思います。


年々、難しくなってきている試験です。しっかりとした知識を身につけ、役立てたいと考えているならスクールでの勉強をおススメします。ぴーこもしっかりとした基礎と知識を身につけたかったので、スクールに通いました。3級養成講座についで、2級用の講座も開設され、ますます人気になってきたようです。話題の食育講座も開設されています。資料請求は←からどうぞ。

まずは3級から。この本で勉強しなくてはいけません!自信のある方は独学で勉強してみてはどうでしょうか?
2級用の教本はコレ!読んでみるとレベルがちょっと上がっているのが実感できます。食に携わっている方でも難しいかも?!

ぴーこチェック
2級を目指すのであれば、教本だけでなくいろいろな分野から情報を集めましょう。新聞、書籍はもちろんのこと、その時に流行っているフードなどもチェックしておくことをおススメします。

試験に合格して仕事にいかしたい、そう考えているのであれば、得意分野をひとつでもいいので作りましょう。なんでもいいと思います。フレンチが得意な方はフレンチ全般を、お料理が得意な方はお料理を。ちなみにぴーこは店舗での経験と食べ歩きが趣味なので、店舗チェックと企画立案など大好きでした。今もいろいろ考えては勉強しています。




フードアナリスト
日本フードアナリスト協会
資格
特級、1級、2級、3級、4級、
(各級で格付けできる星の数が決まっております)

定義


食・食空間を評価・分析する専門家。利用者の立場で実際に飲食サービスを受け、フードアナリストチェック項目に基づいて「フードアナリストレポート」を作成します。料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価して「1つ星」から最高で「5つ星」までの格付けをする専門家。

実際、4級からでも仕事の依頼があります(これは4級取得のぴーこにもメールで依頼や活動内容が届きます)。

取得まで
4級取得は比較的簡単です(フードコーディネーター3級相当のレベル)。上にあがる為には、目指す等級の1つ下の級は確実に取得してなければなりません。

通信講座受講、カルチャーセンター講座受講、指定専門講座受講など取得方法は様々です。2級から選択問題+記述問題があります。その等級によって外国語の問題も出されますが、非常にカンタンなレベルです。



ぴーこが取得したのはここの1日集中講座で。
講義を聞き、試験を受けて合格すれば4級は取得できます。試験もカンタンなものなので、1日頑張れば取得できると思っても良いかもしれません。今とっても人気があるようです。
4級検定の教本。この本、一時期売り切れて手に入らなくなってました。独学でもいけるレベルですが、まずはこの本がなくてはいけません!
新発売された3級教本。4級取得者の方はこの本でレベルを探ってみる必要があるかもしれません。講座を受講しても試験に受からなくてはいけないので、予め購入→勉強をしなくてはダメです!ぴーこも購入しようと思ってます。
フードアナリストに興味のある方、この本から始めてみてはどうでしょうか? フードアナリストのこと、インタビューなど面白いことがたくさんかかれてあります。フードコーディネーターの方でも楽しめます。

2007年10月現在、4級しかない私の元に様々なお仕事依頼のメールが毎日のように届きます。お仕事だけでなく、研修のお知らせやパーティーなどいろいろな食についての情報も盛りだくさん!フード系に携わりたい方にはいい資格かも!!

2008年3月現在
フードアナリスト4級の資格更新をとりやめました。 理由は資格と協会自体に疑問を感じたこと。 確かにいろいろなお仕事やセミナーを紹介していただくことが多いのですが、なんとなくアナリスト自体に意味がないような気がしてやめました。 私の感想としては、う〜ん、こんなことを言っていいのか分かりませんが、お金を払って受講するようなセミナー案内ばかりメールで届いたところに疑問を感じました。 勉強したい方にはいいと思いますよ。

ぴーこチェック
これからますます人気が出て来る資格試験だと思います。店舗からの覆面調査の依頼もあるようで、実際、ぴーこのもとにも調査の依頼や企画イベントなどメールでお知らせがあるくらいです。

食べるのが好き、食べ歩きが好きという理由で資格をとる方もいるようですが、やはり調査や格付けをしなくてはいけないので、知識も求められます。格付けのためレポート作成もしなくてはいけないため、文章力なども求められるようです。ただ単に、「このお店は良い、悪い」とチェックできません。食べるだけでなく五感をフルに使って味わうお仕事です。

やはりここでも得意分野があると良いようです。食の資格では得意分野・項目は作っておくのをおススメします。



注 上記であげたフードコーディネーター2級(レストランプロデュース)、
フードアナリスト4級は管理人・ぴーこが過去取得した資格です。






TOPへ戻る

 HOMEへ戻る