節約*キッチン
干し上手も節約上手


旬のお野菜やお得な割引セールがあったりすると、
お野菜が安く売られていてたくさん買ってきちゃった〜〜、
なんてことありませんか?


買ってきたのはいいけど、食べきれないまま放置されっぱなし。
そんなこともありませんか?


ぴーこ両親が家庭菜園をやっていることもあり、
嬉しいことに旬のお野菜がたくさん食べられるんです。
でも、食べきれずに残してしまうってことも・・・・・。


特に、冬の大根がたくさん実る時期、食べきれないのでぴーこ母が
細かく切って切り干し大根にしているのを見たんです。

「あっ、そっか。食べ切れなかったら干せばいいんだ」


ぴーこ叔母もあまった野菜は何でも干してしまうので、
ぴーこも勉強しようと思っていたときに、ある本に出会いました。


有元葉子先生の干し野菜のすすめという本。
干し野菜って言うと、干ししいたけや切り干し大根くらいしか浮かばないけど、
先生の本によると可能な限りできちゃうとか。


調理時間も短くなるし、太陽に当てることで栄養分も増すと聞いたことがあります。
無駄にしてしまうくらいなら、干し野菜にしてたくさんいただけるっていいですよね。


忘れていた人参がシナシナになっていた〜、なんて頻繁におこるうちの野菜ストック箱。
そんな時は干し野菜にして、太陽のパワーをあてて美味しい人参に変身してもらいます(笑)


その前に、大根を干して保存する。
そんな生活をしていたご先祖さまは、やっぱり野菜を大切に使っていた証拠。


食料を無駄なくそして美味しくいただける干し野菜、
時間があったら作ってみませんか?


補足としてこちらの
ブログをご覧下さい。



干し野菜のすすめ

いろいろな野菜を干して使えることを教えてくれたこの本。
トマトを干してドライトマトも作れちゃいます。
野菜を切って干すだけなんだけど、ちょっとしたコツがたくさん書かれてあります。もちろん、有元先生のレシピものってますよ。








TOPへ戻る

 HOMEへ戻る