節約*キッチン
食材は絶対捨てない


安くていい野菜が手に入った!
特売で納豆が安かったからたくさん買っちゃった!!


とってもいい事ですよね〜。 安く買うのは節約にはとっても必要なこと。


でも、せっかく安く買えた食材を上手に使いこなせず、
腐っちゃった、悪くなっちゃった、もう食べられなくなっちゃった・・・・・・
そしてゴミ箱行きなんてことありませんか?


あるリサーチによると、捨ててしまう主な理由として・・・・、


1位 いたんでいると判断した 
2位 賞味・消費期限を過ぎてしまった
3位 食べきれなかった
4位 中途半端な量が残った
5位 味付けに失敗・口にあわなかった


特に20・30代は期限切れで廃棄、
50代は食べきれずに廃棄。


捨てることが多いのは・・・・、


1位 野菜
2位 調味料・スパイス
3位 おかず
4位 乳製品
5位 くだもの
6位 魚介類 
7位 肉類



こうしてみると、値段の高い魚介や肉類は捨てず、
気軽に買える野菜を捨てる方が多いようですね。

調味料やスパイスを捨てるのは期限切れでしょうか?


参照:(財)ベターホーム協会の調べ


賞味期限や消費期限の違いを知らない方が多いこともあるそうですが、
冷凍や乾物として保管できることを知らない方が多いのも理由。


悲しくないですか? せっかくの食料を捨ててしまうなんて。
モノにもよるのですが、冷凍したり干して干し野菜にしたり、
いろいろな方法で保管が可能です。


それ以外でも捨てる前に何かに使えないか?
リメイクできないか? 他のお料理に使えないか?
ちょっと考えて、捨てない努力をしてみませんか?


生ゴミとして捨てるものを減らす! これも立派な節約です。






TOPへ戻る

 HOMEへ戻る