節約*キッチン
ガス代の節約術


実はぴーこ、ガス代の節約は苦手です。
節約するより、よく使っている側かもしれません。

(2007年 6月現在 オール電化住宅に住んでおります)


煮込みだったり、長時間炒め物をしたり、美味しいものを食べるときなど、
ついガス代のことを忘れちゃうんです〜。


ですが、一応こころがけていたことを項目にまとめてみました。
参考になればよろしいんですが・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・火にかけるときは必ず拭く

鍋やフライパンなど、火にかける際には必ず拭いて水分をとります。
水気があると、温まるまで時間がかかってしまいます。
少しでも早く温めたいので、こまめに拭くよう心がけています。


火は必ず中火

ぴーこは強火はあまり使用しませんでした。
早く温めたいときには利用しますが、もっぱら中火が基本。
あとで聞いたのですが、中火がイチバン効率が良いそうで、
逆に弱火だと効率が悪くなってしまうそうです。

もちろん、効率が悪いとガス代にも響きます。
鍋から火種がはみ出しているのもガス代に響きます。
はみ出してしまった火種は、無駄になってしまいます。
そう考えると、中火がイチバンベストなんですね。


・お茶(麦茶やウーロン茶)は冷たい水で作れるもの

うちではお茶を頻繁に飲みます。
なので、お茶パックはお水から作れるものを買うようにしています。
(緑茶は別です!!)

お湯から作るタイプの場合、夏場や晴天時、お水を入れたボトルにお茶パックを入れて外に出しておきます。
お湯にかけなくてもお茶が出来ます。

これ、アメリカ人の友人に教わったのですが、彼女はこのお茶のことを
「サンシャインティー(もしかしたらサンティーだったかもしれません)」と言って、
良くぴーこに飲ましてくれました。

彼女いわく、外に出しておくだけで作れるお茶は太陽の光を浴びて美味しくなるそうです。
レモンを入れて飲んだのですが、いたって普通のアイスティー。
でも、サンシャインティーって名前がつくと、美味しく感じるのが不思議でした。


・土鍋をつかう

煮物を使うとき、圧力鍋を使えばいいのですが、面倒な時は土鍋を使っていました。
なので、ぴーこの家にはちっこい土鍋がいつも出しっぱなし状態でした。
通常の鍋よりも短時間で出来ます。


・余熱をつかう

煮込んだりする際には、余熱を使うようにしています。
もうちょっと煮込みたいときなど、早めにガスを切って余熱を利用します。

また、他の料理でコンロを使う時など、コンロにのせておけません。
そんな時、温めた鍋を新聞紙でくるみ、さらに要らないバスタオルでくるみなおすと、
熱が逃げず余熱を美味く利用しながら保温できます。


・水からゆでない

お水より、ぬるま湯を利用してガス効率を良くしています。


茹でるよりレンジ

ちょっとした野菜を茹でたいときは、レンジを利用するようにしています。






TOPへ戻る

 HOMEへ戻る