節約*キッチン
電気代の節約術


キッチンでも電気を使うことがたくさんありますよね。 少しでも無駄を省いて節約を心がけましょう!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・明るいうちに準備する

うちの母親は夕方暗くなる前に夕食の準備をはじめ、ある程度の仕込を済ませてしまいます。
理由は、電気代節約。少しでも仕込みを済ませておくとラクなんだそうです。

ぴーこも見習って夕方(まだ明るいうちに)に仕込むようにしています。


ゴハンは炊飯器に残さない

すぐにゴハンを食べる場合はそのままにしていてもかまいませんが、ぴーこはすぐに「おひつ」に移してしまいます。
旦那の帰宅が深夜過ぎになることもあるので、おひつごと電子レンジでチンしちゃいます。
結構、美味しく食べられるのでおひつは大活躍してくれます。


冷蔵庫

キッチンで常に電気代がかかるものとしてイチバンにあげられるのが冷蔵庫!
食品を保冷して守ってくれているので、実は、こまめなメンテナンスが必要なんです。

ぴーこがかつて勤務していた某外食企業では、冷蔵庫の温度管理とチェックは1日数回していたくらい。
壊れたら食材は無駄になってしまうし、食中毒の原因になってしまうかもしれません。
冷蔵庫のこまめなチェックとお掃除、そして電気代の節約は大切ですよ〜。



・温度管理

季節によって温度を調節します。 と言っても、夏以外はほとんど弱か中にしています。
(冷蔵庫にもよりますが、うちの冷蔵庫は夏場でも弱で平気です)


・冷蔵庫の中身は少し余裕を作る

みなさんご存知ですよね。詰めすぎはよくありません。約8割程度を目安に詰めましょう。
詰めすぎると効率が悪くなり、冷蔵庫が力を振り絞り冷やそうとします。少し余裕を持たせましょう。


・冷やすものは完全に冷ましてから

煮出したお茶や、一回炒めたものなど熱いものを冷やす場合、必ず余熱をとってから冷蔵庫にしまいましょう。
温かい飲み物などは水につけて置くだけでもすぐに冷たくなるので、その後、冷蔵庫にしまいましょう。


・冷蔵庫用カーテン

冷蔵庫の開け閉めをする際、冷気が逃げてしまうのを防ぐために、冷蔵庫用カーテンを取り付けましょう。

また、カーテンを取り付けると、物を取り出す際にちょっとスムーズにいかないときがあります。
冷蔵庫の中身を把握するためにも、何が入っているか把握するよう心がけましょう。


・冷蔵庫のメンテナンス

1、冷蔵庫の上にモノを置いているかた、いらっしゃると思いますが、冷蔵庫の効率を悪くしてしまいます。
モノはおかずにすっきりさせて、冷蔵庫の軽くしてあげましょう。

2、冷蔵庫の左右側は少し余裕のスペースを作りましょう。
冷蔵庫の熱がたまらず開放させる必要があります。

3、冷蔵庫のお掃除は冬がベスト
冷蔵庫の中身を全部出してお掃除をしたいのですが、夏場などは大変ですよね。
ぴーこは冬場に冷蔵庫の大掃除をします。冷やす食品類はクーラーボックスなどにいれ、
寒い日の外においておくだけでも全然平気。 この間、一気に冷蔵庫掃除をしちゃいます。

意外と奥から忘れ去られた食材が出てきたり、汁気のものがこぼれていたり、
目の行き届かない場所が汚れていたりするものです。
寒い場所に住んでいる方は、食材を外に出しておくだけでも平気だと思いますよ。





TOPへ戻る

 HOMEへ戻る