節約*キッチン
作業プランで効率よく


飲食店で働いていた頃、キッチンに入っていたことがあります。
でもね、役立たずだったんですよ(笑) 効率が悪くって。
どう動いていいか分からなくて、まわりの方にたくさん迷惑をかけました。


いちばん多かったミスは、次の動作を考えず行動して
無駄な動きが多かったこと。

(ドラマ「バンビ〜ノ!」をご覧になっていた方には良く分かると思います ^^)


あれこれ動いて、そしてまた元の場所に戻って、
そしてまたあっちに動いて・・・・・・・、その繰り返し。
無駄な動きをすると、無駄なこともしているんですよね。



例えば、サラダ場と前菜を兼任していた頃のこと。

サラダや前菜の材料をしまってあるのは同じ冷蔵庫。
前菜のオーダーが終って、使っていた道具をしまったのはいいけど、
今度はサラダの準備。


サラダ場と前菜って同じ野菜を使うときがあるんです。
片付けたのはいいけど、また出してしまう。 この繰り返し。


無駄な動きをすると、冷蔵庫を開け閉めして冷気を無駄にしたり
とにかく無駄が多いとダメなんです。


でね、これが家のキッチンでもそうなんです(笑)

必要なものを冷蔵庫から全部出して作ればいいのに、
お味噌汁に使う野菜も思い出してまた冷蔵庫を開ける・・・・
火をつけて消す、でも○○をゆでなくちゃいけない、そしてまた火をつける。


効率が悪いんですよ(苦笑い)


飲食店ってある程度慣れてくると動けるようになるんです。
でも、家庭でのメニューってほぼ毎日違いますよね?
だから動き方もいつも違う。


そんな時は、作る前に一度考えるようにしています。
(↑ 頭悪すぎですね〜)


今日の献立は○○と○○、だからこの野菜達が必要。
冷蔵庫をあける回数はなるべく減らす。
ガスやIHの電源を入れるのもなるべく減らす。


そして、茹で上げるものが必要ならば、なるべく一緒に茹で上げる。
無駄がないよう、頭で考えて動くようにしています。


え? そこまでしなくても??
って思うかもしれないけど、節約には欠かせないことなんです。


冷蔵庫を何度も開け閉めするよりは、1度だけ開けて済ませちゃうほうがいいですよね?
ガスも消してつける、消してつける。それよりは1回つけて、1度ですませる。



必要な野菜を切る、お肉も切る、だけど他に必要な野菜に気づきまた野菜を切る。
でも、お肉を切った後はまな板は洗わないとダメですよね?
二度手間を防ぐためにも、野菜を切るときは全部切る。
そのあとにお肉。 そして洗う。


効率よくしないと無駄が増えて、コストもかかっちゃう。
スムーズな動きも節約には欠かせないんです!!


ぴーこのようなぶきっちょさんはいないと思うけど、
念のためぴーこがやっていることを記しておきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スムーズに動くためには?



・その日のメニューに基づいて全体の流れを考える


その日つかう野菜を全部出して、カットしてからお肉・魚を切るようにしましょう。


・なるべく冷蔵庫をあける回数を減らす、ガスをつける回数を減らす

一つずつ減らす項目を決めていきましょう。


・洗物は少なく

洗物を出さない工夫もしましょう。
例えば鍋をふたつも使わず、ひとつで済ませるようにしたり、
まな板を何度も洗ったりする手間を減らすだけでも違います。




TOPへ戻る

 HOMEへ戻る