節約*キッチン
献立を考えるコト


ある方から、献立についてメールを頂きました。


献立って考えるのも大変ですよね。
そして、イチバン面倒なのがこの
献立を考えることだったりしませんか?
実はぴーこも、この
考える作業がいやだったりします。


買って来た食材の中で上手にメニューを考えなくちゃいけないし、
もちろんバランスも考えなくちゃいけない。
そして味付けのバランスも必要。
だから、あれこれ考えてたら作るのもイヤになっちゃいますよね?


ぴーこはどうしてたかな〜?と振り返ってみると、
一人暮らしをしていた学生の頃は好きなものばかりを作ってました。


大好きなパスタ、食べたくてもなかなか食べられない和食(学生の頃はアメリカに住んでました)、
すると自分で作るしかないし、好きなものだと作るのも苦じゃないんです。
そうやって料理を覚えていきました。


でも、バランスが悪いことに気づきました。
チーズハンバーグなのに、サラダもこってりマヨネーズやサウザンドレッシングたっぷり。

かと思いきや、醤油をかけた冷奴にほうれん草のおひたし、これじゃ醤油ベースばっかり。
味に偏りがでちゃうんですよね〜。


おかずが和風だったらサイドメニューはマヨネーズ、
またはこってりおかずだったら酢の物を添えるとか、
甘、辛、酢のような味覚もバランスよくするのがいいことにも気づきました。


次に考えたのが、好きなメニューの味付けやグザイを変えて、
ちょっと違うメニューを作ったりしました。


どうしても好きなものばかりに偏りがちになりますよね?
例えばみんなが大好きなハンバーグ、味やグザイを変えたら和風ハンバーグになるし、
またはハンバーグ丼、ハンバーガーにしてもいいし、バリエーションを変えれば
りっぱな一品にもなります。


こうやって献立を考えました。


最近のぴーこは、冷蔵庫内の野菜室にストックしてある野菜を中心に
メニューを考えることが増えました。


最近はお肉よりお魚が美味しいと感じるし、
魚より野菜中心の食事が美味しいと感じるようになりました。

(は〜、年をとった証拠ですね)


でも、子供が生まれたらやっぱりメニューも変わるでしょう?
年齢や家族構成によってもメニューは変わってきます。


難しく考えず、好きなものからちょっとづつやってみませんか?
お料理はちょっとした遊びも必要だと思います。


味付けをかえたり、グザイを変えたりしてメニューの幅を広げていけば、
献立を考えるめんどくささからもいつの間にか解放されているかもしれませんよ。


難しく考えたら料理が嫌いになっちゃいますから。






TOPへ戻る

 HOMEへ戻る