節約*キッチン
乾物や缶上手になる


「なにか一品足りないな〜」

「グザイが物足りないな〜」

そんなとき、ぴーこは必ず乾物をチェックします。
乾物類って地味だけど、意外と役に立つんですよ。


お肉もない、魚もない、だけど料理を作らなくちゃいけないときって
乾物や缶があれば平気!


パスタとツナがあれば(あとはにんにくがあればベストかな)
立派なパスタが出来ますし、彩りが足りなければ桜海老を入れても美味しいんです。



干ししいたけ、桜海老、鰹節、切り干し大根、春雨、きくらげ、海苔
などなど挙げたらきりがないほど乾物はありますよね。
それらを上手に使うようになると、冷蔵庫にお肉やお魚がなくても
何かは作れますし、買いに行く手間も省けます。
そんな時は出費を免れます(笑)


なかでもぴーこは桜海老の使用頻度がかなり高いんです。
パスタに入れたり、卵焼きに入れたり、お好み焼きに入れたり本当に良く使うので、
切らすことはありません。


乾物以外のストックとして缶類も大切です。


ホールトマトやアンチョビ、ツナ缶、スパムなどもぴーこはストックしておきます。
安いときに買って保管しておけばいいだけですから。


いざ料理を作るとき、生の食材がなくても缶類があればカンタンに作れる場合があります。
味付けのバリエーションも広がります。
とくにお弁当のメニューを考えるとき、もう一品欲しいときなど、缶類って本当に便利です。
保管場所さえあればナマモノと違い、管理にも気を使わなくってもいいですからね。


乾物や缶類を上手に購入して、上手に取り入れることで節約につながると思います。









TOPへ戻る

 HOMEへ戻る