節約*キッチン
安心安全なお米を食べる!


毎日食べるお米、みなさんはどこで購入していますか?
むかしはお米屋さんで買うのが当たり前でしたが、
食管法という法律がかわってからお米の販売ルートが拡大され、
今ではいろいろな場所でお米がかえるようになりました。
食品とは無縁そうなホームセンターでも売られてますものね。


我が家では家庭菜園にはまっている両親がおコメ作りもやっているので、
ずっと美味しいおコメを食べています。
食べるときに精米するので、とっても新鮮です。


「売られているお米はブレンドされてる!!」
そんな噂を耳にしたことありませんか?


実際、お米を作っている父親もスーパーのお米は一切信用してないんです。
いまだに、「スーパーのお米は信じられない。 精米日だって信じられないぞ!!」
と言う始末。


今だったらあり得ない話だと信じたいのですが、昔は頻繁に行なわれていた行為だったそうで、
その影響で市販のお米を信じてないという農家の方々や年配の方も多いのが現状。
今はやってないと信じたいんですけどね〜。


ただ、やっぱり
「ん?」と思うときもあるのは確か。

「こんなに安いのはどうして?」

「混合米って表示してあるけど、なんの混合米? 国産?外国産? 品種の混合米?」


疑問に思うときも・・・・。


ちょっとまえ世間をにぎわしたミニマムアクセス米(MA米)の事故米。
あんなのがあるなんて知らなかったからショック。
その前に、日本にかせられた購入義務のある輸入米、あれってどこに消えているんだろう?
市場に流れているそうですが、普段目にしないですよね?


それに、政府がいざと言う時のために保管している備蓄米!!
ある時期に市場に流されるのですが、備蓄米はどこに消えているのでしょう?
市場に出回る時は古米、古古米になっている備蓄米。 当然、お値段だって安いはず!
やっぱり外食・中食業界? それとも一般市場?? よ〜く考えると疑問だらけ。


よく耳にするのはブレンドされて外食・中食業界にまわされたり、
特売用の目玉商品のお米として安く市場に出回り、販売ルートにのっている場合もあるとか。


問題ないお米ならいいのですが、なるべくだったらしっかりと表示して欲しいのが私たちの希望。
嫌な人は買わなければ言いし、気にしない人は買えばいい。
その選択さえ得られないのが現状です。


素人ではなかなか判別しにくいお米。
ぱっと見て新米、古米、輸入米、1等米、2等米だなんてわからないですよね。
人気があって利益が上げられる産地に偽装されたり、
新米に古米、古古米がブレンドされて出回る場合もあるとか。
そのあやふやな部分につけこんで利ざやを稼ぐふとどきな業者もいるとかいないとか。

不正を行なわずしっかりした業者さんもいらっしゃいます。
でも、消費者の私達には見えない部分なんですよね。


これではせっかく美味しいお米がつくられても、市場に出回らないので美味しくないお米を食べているということ。
田舎に行って農家レストランなどで食べるご飯が美味しかったりするのは、
こんなところに理由があるのではないかなぁとおもってしまうのです。


生産者から食卓に届くまで様々なルートにのっかって市場に出るお米。
これは事故米の複雑なルートを見てもアヤシイ、そうみなさんもおもいますよね。

それでは、どうやったら安全で美味しいお米を買えるのか?
ワタシなりのおススメ方法をお教えしますね。

コチラをご覧ください。
おススメ!上手なお米の買い方





TOPへ戻る

 HOMEへ戻る