節約*キッチン
国内産を食べよう


とことん食費を削りたいあなたへ
質より安さも必要の箇所で、
国内産と外国産の食品についてちょこっとお話しました。


外国産も今は指導が行き届き、安全なものを作っているところも増えてきました。
でも、でも、でもです!
いろいろなニュースで日本で禁止の農薬が○○から検出された、
そんな話をきくたび、本当に安全なのか疑いたくなりますよね?


だって、遠い外国の国ですから、どんな方法で作っているかなんて
ぴーこたち一般の消費者には分からないことです。


しかも、国内産のものより外国産のお野菜が安いと、

「どうしてだろう?同じ野菜でも、外国産は安い」

そう考えたくなりますよね〜?


普通で考えたら運搬費用などでコストが跳ね上がりそうですよね?
(人件費で安く抑えられているのがほとんどかもしれませんが・・・・)
でも、国内より外国産の方が安いとやっぱり危険? な〜んて考えたくなりますよね。


ぴーこはできる限り、なるべく国内産のものを買うようにしています。
もちろん安全性のこともありますが、国内産で作られたもの・収穫されたものは、
日本の季節にあったもの。だから、日本のお料理にもあっているんですよね。


そして、日本産のものは美味しかったりします。どうしてでしょう?
不思議ですよね〜。小さい頃から食べ慣れているせいかもしれません。


あと、もうひとつ。
なるべく国内産を買う理由は、国内の農家さんを守るため。
今の日本は食料自給率がとっても低いんです。今は40パーセント
世界で見ると日本のこの数字はと〜っても低いんです。


注     食料自給率とは・・・・・?
国内で消費される食料のうち、国内で生産されている割合。
数値が低ければ低いほど、輸入に頼り国内で生産される割合が減ってきていると言うこと。
すなわち、農家さんや生産する方が減っていると言うことです。

 

これって、将来のことを考えるととっても怖い数値です。
輸入に頼っている日本は、世界各地でなにかの問題が起こると、
食料が値上がったり、もしくは輸入がストップするという問題になってしまうんです。


そんなことにならないよう、日本で頑張ってくれている農家さんのためにも
国内産をなるべく買おうと思っています。それに、国内産は美味しいですもんね。


外国産は安全かどうか不安だ、そんな方にも国内産はおススメです。
見知らぬ土地で生産されているより、日本で生産されている方が安心じゃないですか?




TOPへ戻る

 HOMEへ戻る