節約*キッチン
お弁当は体のため?


お仕事をされている方、またはお仕事をしている家族の為、
または子供たちのためにお弁当を作っていらっしゃる方、いらっしゃいますか〜〜?


実はお弁当作りって意外と大変なんですよね〜。
家から持っていくわけですから、なるべく汁気がないもの、傷み難いもの、
それでいて美味しくって見た目もいいものを入れよう。 そう思うのが普通ですよね。


でも、そう思う気持ちこそがとっても必要なんです。
お弁当作りにはいろいろな意味合いがあると思いますが、
節約できてなおかつ体によい! これがいちばんだとぴーこは思ってます。


毎回昼ごはんをどこかで食べたり買ったりしたら、お金がかかるし栄養も偏ります。 
しかも、何を食べたかわからないから晩ごはんと重なったり・・・・なんてことも起こります。


だけど、お弁当を作って持っていくことで、

なにを入れたか、
どういった味付けか、
バランスが良いか、

作った方(もしくは自分自身)がわかるから安心じゃないですか??


ぴーこが夫にお弁当を持たせていた理由。
それは、


・添加物まみれになって欲しくなかったこと
・味の濃いものばかりを食べて欲しくなかったこと
・バランスの良い食事をしてもらいたかったこと


が挙げられます。


コンビニのお弁当ってたくさんの添加物が入っていて味付けも濃いですよね。
これを毎日食べて欲しくなかった。 これに尽きます。


注 コンビニのお弁当が悪いって言ってるわけじゃありません。
時間短縮にもなるし、ぴーこの具合が悪かったときは実際コンビニでお世話になってたようですし、
何事もバランスだと思ってます。





これはぴーこの経験談ですが、仕事の関係でとある製造場所に行った時のこと。
炊飯の説明を聞いていたとき、ゴハンを炊く直前に
白い粉を入れていたんです。


とっさに、「それはなんですか?」とパートさんらしき方に問いかけたら、
「美味しい
だしの素だって説明を受けました。 ゴハンが美味しく炊けるそうなんですよ」
と言っていたのを聞いて、ちょっとショックを受けました。


缶の説明を読むとグルタミン酸など書かれてあり旨味成分が入っていたようですが、
やっぱりちょっと気持ち悪い・・・・。 メーカー名と製品名をチェックして後日調べてみたのですが、
添加物の一種らしく、炊飯用・肉用など様々な種類があるそうです。


まぁ、一概に悪いとは言えないけど、やっぱり気持ち悪い!
飲食店やお弁当・惣菜店などで使われているという話を聞きましたが、
私が働いていた外食企業では一切使っていませんでした。
というか、私の知っている限りでは、使っている飲食店(外食企業)は知りません。
(もしかして、私が知らないだけだったりして・・・・)


その製造場所は言えませんが、お寿司のゴハンとして炊かれていたので
お寿司に使われているのは確かです。


さらに、4つ下の親戚の女の子が某製造メーカーで働いているのですが、

「私たちが作っているお弁当なんて防腐剤まみれだよっ。
お弁当じゃなくて、添加物に浸かった食品をお弁当と言う形にしている」


と言っていたのを聞いて、ますます「お弁当を作ろう」という意欲に溢れたものです(笑)


添加物が悪いとは一概に言えないけど、私は摂取したくない派です。
添加物に惑わされて本来の味が分からなくなってしまうし、
本当にシンプルで美味しいものを食べて欲しいですよね。


お弁当を作るのは大変だけど、作ってみませんか??
最初は大変でも、慣れてきます。


可愛いお弁当箱だってたくさんあるし、お弁当作りを楽しみましょう。

家族や自分の体を考えればこそのこと♪


追記
夫は転職をしたので、お弁当が不要になりました。
時間があるのでお昼になると昼ごはんを食べに家に戻ってくるようになりました。
お弁当が不要になったぶん、お昼ごはんを作っているぴーこです。





TOPへ戻る

 HOMEへ戻る