節約*キッチン
地産地消を取り入れよう


最近、中国産の食料品が不安視されてます。
でも、不安視されてたのはもっと前から。
多分、冷凍ほうれん草から残留農薬が規定以上検出された・・・・・、
なんていうニュースがあってからかなりクローズアップされるようになりました。
でもでも、不安視されてたのは実はもっと前から。


キレイな野菜を作り、なおかつ虫をやっつけてくれる農薬に頼り始めた中国。
ノウハウを教えたのは日本の商社と言うお話もあります。


だって、やす〜い人件費で日本向けにキレイなお野菜を作ってくれるんですから、
こんなありがたいことはありませんよね?


確かに安い!! 日本産のものと比べて安いっ!
しかも、日本では高値で取引されそうなレアな食品が中国から手に入るうえ、
安いとなったら飲食店や食料製造に携わっている会社の方たちが使うのは当然。


意外なお店で中国産のものを発見したり、
当然国内産だろうと思っていたものが中国産だったり、
とにかく私たちの食生活には中国産と密接に関わっています。


でもね、確かに不安です。

「日本へ送るものならもっと農薬をかけちゃえ〜」
なんて思う方たちがいてもおかしくないのでは?と思う私が時々いるんです。
(あんまり大きな声では言えませんが・・・・)


農薬の法律も整備されているかどうか不安ですし、とにかく不安だらけ。
そんな背景もあって、私はなるべく中国産は買わないように心がけていました。


もちろん、冷凍食品もそう!

「おっ、やす〜い」と思って手を出してみたものの、
中国産って書かれてあったらそっと陳列棚に戻しておりました(笑)


やっぱり食には地産地消がいちばんだと思うんです。
その土地で出来たものはその土地の水を使い、調理してその土地で消費する。
これこそ、いちばん栄養価があっておいしく、私たちの体にあうんじゃないのかな〜?
って考えてしまうんです。  みなさんもそう思いません??


中国や外国産のものは確かにお安いです。
そして、外国産のものに頼るしかない食料品もあります(例えばアボカドとか・・・・)。


でもね、日本にあるものだったらちょっと高いかもしれないけど、
国内産を買って食べてみませんか? 絶対私たちの体にあうはずですし、
外国産を買うよりどこか安心感がありませんか?










TOPへ戻る

 HOMEへ戻る