節約*キッチン
加工食品は良い? 悪い?  A


最近、世間をにぎわしているミートホープ者の食品偽造事件。

もう〜〜〜っ、聞いているだけで気持ち悪くなってきますし、
あの社長の開き直った態度にも気持ち悪くさせられます!!


しかも、聞きました? あのセリフ!

「安いのを求めている消費者にも問題があるんだ」的発言。
なんですって?! もう1回言ってみなさいよ!!
といってやりたくなります。


安心・安全を求めて生協さんで食品を購入されていた方、
本当にショックだと思います。 だって、信頼して買っていたわけですからね。


しかも、牛肉コロッケと言っておきながら豚を混ぜているどころか、
牛肉を血で着色したり、異臭を放っている牛肉を使用したり本当に驚きます!


でも、「安ければ絶対に買ってくれるだろう」
そんな自信が社長にはあったのかもしれませんね。


確かに安いとお得で飛びつきたくなりますが、
本当はどうなんだろう? そう思ってしまうぴーこもいます。


スーパーで余った商材、期限はギリギリで売れ残ってしまった。
でも、まだギリギリある。もしくは作りすぎてしまった。
そんな場合、スーパーで売られている加工食品に形を変えていると聞いたことがあります。
でも、その加工食品に使われているものって分からないんですよね。


一時、問題になった成型肉もどんなお肉を使っているか分からない。
もしかしたら食べられるような場所じゃないお肉かもしれない。
それは、加工者しかわからないこと。 ある意味怖いなと思ってしまいます。


モラルのない業者が増えてきている今、自分達の食の安全を守るためどうすれば良いと思います?

答えはひとつ!!


面倒でも、なるべく自分の手で作ること!
これしかないんです!!


自分の手で作ったものは何を入れているのか良く分かっているはず。
分からないものは入れませんからね〜。


あれもこれも疑うのはキリがありませんが、
やっぱり手間ひまかけて作ることをすれば、
安い商品に対して魅力を感じなくなってくるかもしれません。


安心して食べるためにはやっぱり手間をかけてでも、自分で料理して食べる。
これがいちばんだとぴーこは思っています。




TOPへ戻る

 HOMEへ戻る